芸能人・経営者のおくやみ情報

継体天皇

第26代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0531年 3月10日 死去享年歳

継体天皇 - ウィキペディアより引用

継体天皇(けいたいてんのう、允恭天皇39年(450年?) - 継体天皇25年2月7日(531年3月10日?))は、日本の第26代天皇。
在位は継体天皇元年2月4日(507年3月3日?) - 同25年2月7日(531年3月10日?)。
戦後、現皇室は継体天皇を初代として樹立されたとする新王朝論が盛んになった。
それ以前のヤマト王権との血縁関係については現在も議論が続いている。
諱はヲホド。
『日本書紀』では男大迹王(をほどのおおきみ)、『古事記』では袁本杼命(をほどのみこと)と記される。
また、『筑後国風土記』逸文に「雄大迹天皇(をほどのすめらみこと)」、『上宮記』逸文に乎富等大公王(をほどのおおきみ)とある。
なお、隅田(すだ)八幡神社(和歌山県橋本市)蔵の人物画像鏡銘に見える「孚弟王(男弟王?)」は継体天皇を指すとする説がある(詳細は「異説」の節にて後述)。
別名として、『日本書紀』に彦太尊(ひこふとのみこと)とある。
生没年 推定生年:『古事記』には485年、『日本書紀』には允恭天皇39年(450年?)。

けいたいてんのう 第26代に数えられる天皇。名はオオドノミコト。応神天皇の5世の孫。父は彦主人王(ひこうしのおう)。母はフルヒメノミコト。大伴金村らに越前国から迎えられて河内国で即位した。河内国の樟葉宮,山背国(山城国)の筒城宮,山背国の弟国宮と移り,さらに大和国の磐余玉穂宮(いわれたまほのみや)に都した。この継体朝の頃から国際関係が変化し,朝鮮半島における日本の勢力が任那4県の割譲などによって衰えてきた。また仏教も渡来人によって伝えられ普及し始めた。筑紫国造(→国造)による磐井の乱もこの継体朝で起こり,大和朝廷の支配が内外ともに大きく動揺した。継体天皇ののち,安閑朝,欽明朝が並立したとする説もある。陵墓は大阪府茨木市の三嶋藍野陵(みしまあいのみささぎ)。 (引用元 コトバンク)