訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条高時(ほうじょうたかとき)

武将、鎌倉幕府第14代執権[日本]

(元弘3年5月22日没)

(ユリウス暦) 1333年 7月4日 死去自刃享年31歳

北条高時 - ウィキペディアより引用
北条 高時(ほうじょう たかとき)は、鎌倉時代末期の北条氏得宗家当主、鎌倉幕府第14代執権(在職:1316年 - 1326年)。
第9代執権北条貞時の三男。
生涯 誕生と元服 嘉元元年12月2日(1304年1月9日)、北条貞時の三男として生まれる。
延慶2年(1309年)に7歳で元服する。
この詳しい様子を伝える史料は今のところ発見されていないが、それまでの得宗家当主 と同様に、幕府の御所において、将軍(当時は守邦親王)を烏帽子親として行われたものと考えられている。
元服に際しては烏帽子親の偏諱(実名の1字)を受けることが多いが、「高時」の名乗りを見て分かる通り、将軍の偏諱(守邦親王の「守」または「邦」の1字)は受けなかったようである。
同時代(の上の立場)の者で「高」の字を用いる人物はおらず、研究では祖先とされる平高望(高望王)に肖ったものとする見解が示されている。
元々は細川重男がこの説(加えて父・貞時の「貞」が平貞盛に由来するとする説)を唱えたものの根拠なしとして論文等では示してはいなかったが、角田朋彦が根拠付きでこれを支持している。