訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条煕時

武将、鎌倉幕府第12代執権[日本]

(正和4年7月18日没)

(ユリウス暦) 1315年 8月18日 死去享年37歳

北条 煕時(ほうじょう ひろとき)は、鎌倉時代後期の北条氏一門の武将。
鎌倉幕府12代執権(在職:応長2年6月2日(1312年7月6日) - 正和4年7月11日(1315年8月11日))である。
父は北条為時 (政村流)で、第7代執権・北条政村の曾孫にあたる。
正室は第9代執権の北条貞時の娘。
生涯 弘安2年(1279年)、北条為時の子として生まれる。
初名は貞泰(さだやす)、のち煕時に改名。
引付衆などを務め、嘉元3年(1305年)に長門探題となる。
同年の4月に嘉元の乱が起こり、祖父(政村の子で為時の父)の時村が討たれ、続いて北条宗方らが貞時らに滅ぼされたが煕時は生き残った。
この嘉元の乱では煕時も宗方に命を狙われたとされている。
なお、この頃までには貞時の娘と結婚していたとされている。
延慶2年(1309年)3月に引付再編が行なわれて1番頭人となる。
4月9日には金沢貞顕と共に寄合衆に加えられ、この頃から煕時は得宗の北条貞時や金沢貞顕らと共に幕政を実質的に主導する立場の1人になった。

↑ PAGE TOP