芸能人・経営者のおくやみ情報

足利義昭(あしかがよしあき)

室町幕府第15代将軍[日本]

(慶長2年8月28日没)

1597年 10月9日 死去享年61歳

足利義昭 - ウィキペディアより引用

足利 義昭(あしかが よしあき)は、室町幕府第15代(最後)の将軍。
(在職:永禄11年(1568年) - 天正16年(1588年))。
父は室町幕府第12代将軍・足利義晴。
母は近衛尚通の娘・慶寿院。
第13代将軍・足利義輝は同母兄。
足利将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入って覚慶(かくけい)と名乗り一乗院門跡となった。
兄・義輝らが松永久秀らに暗殺されると、三淵藤英・細川藤孝ら幕臣の援助を受けて奈良から脱出し、還俗して義秋(よしあき)と名乗る。
美濃国の織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍に就任する。
やがて信長と対立し、武田信玄や朝倉義景らと呼応して信長包囲網を築き上げる。
一時は信長を追いつめもしたがやがて京都から追われ備後国に下向し、一般にはこれをもって室町幕府の滅亡とされている。
信長が本能寺の変によって横死した後も将軍職にあったが、豊臣政権確立後はこれを辞し、豊臣秀吉から山城国槙島1万石の大名として認められ、前将軍だった貴人として遇され余生を送った。

室町幕府十五代将軍。十二代将軍義晴の二男。興福寺一乗院に入り覚慶と称したが、兄の十三代将軍義輝が松永久秀らに殺害されたため還俗、織田信長と結んで幕府を再興した。やがて信長と反目、武田信玄・浅井長政・朝倉義景らと挙兵したが敗れ、室町幕府は崩壊した。その後毛利氏をたよって幕府再興をはかるが失敗、出家して山城槙島に隠棲、豊臣秀吉から一万石を与えられた。慶長2年(1597)歿、59才。 (引用元 コトバンク)