芸能人・経営者のおくやみ情報

足利義尚

室町幕府第9代将軍[日本]

(長享3年3月26日没)

(ユリウス暦) 1489年 4月26日 死去病死享年25歳

足利義尚 - ウィキペディアより引用
足利 義尚(あしかが よしひさ)は、室町時代後期の室町幕府第9代将軍(在職:1473年 - 1489年)。
『尊卑分脈』や『足利家官位記』により、晩年に足利義煕(- よしひろ)と改名したことが確認できるが、一般的には義尚の名で知られる。
応仁の乱では、叔父の足利義視と将軍職をめぐる対立候補として擁立された。
乱後は衰退した幕府権力を回復すべく、六角征伐などの積極的な幕政改革を行なったが、在陣していた近江国の陣中にて病死した。
生涯 寛正6年(1465年)11月23日、8代将軍・足利義政と正室・日野富子の次男として生まれる。
長らく実子のなかった義政は弟の義視を養子にしていたが、義尚が誕生すると富子は義尚を次期将軍に願望して有力守護大名の山名宗全と結託する。
対する義視も管領・細川勝元を後ろ盾としたため、両派は次期将軍の座をめぐって激しく対立する。
やがて、勝元と宗全による権力闘争や畠山氏や斯波氏の家督争いも重なって応仁の乱に発展した。
文明5年(1473年)には義政から将軍職を譲られ、義尚は9代将軍に就任する。