訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

足利義政

室町幕府第8代将軍[日本]

(延徳2年1月7日没)

(ユリウス暦) 1490年 1月27日 死去享年55歳

足利義政 - ウィキペディアより引用
足利 義政(あしかが よしまさ)は、室町時代中期から戦国時代初期にかけての室町幕府第8代将軍(在職:1449年 - 1473年)。
父は6代将軍足利義教、母は日野重子。
早世した7代将軍足利義勝の同母弟にあたる。
初名は足利 義成(- よししげ)。
幕府の財政難と土一揆に苦しみ政治を疎んだ。
幕政を正室の日野富子や細川勝元・山名宗全らの有力守護大名に委ねて、自らは東山文化を築くなど、もっぱら数奇の道を探求した文化人であった。
生涯 将軍職就任 永享8年(1436年)1月2日、第6代将軍足利義教の3男として生まれる。
次期将軍として期待されていた同母兄の足利義勝が政所執事であった伊勢貞国の屋敷で育てられたのに対して、その可能性が低かった義政は母方の一族である公家の烏丸資任の屋敷にて育てられた。
嘉吉元年(1441年)、父が嘉吉の乱で赤松満祐に暗殺された後、兄の義勝が7代将軍として継いだが、嘉吉3年(1443年)に義勝も早世したため、義政は管領の畠山持国などの後見を得て、8歳で将軍職に選出され、元服を迎えた文安6年4月29日(1449年)に将軍宣下を受けて同日のうちに吉書始を行って宮中に参内、正式に第8代将軍として就任した。