芸能人・経営者のおくやみ情報

宗尊親王

皇族、鎌倉幕府第6代将軍[日本]

(文永11年8月1日没)

(ユリウス暦) 1274年 9月2日 死去享年33歳

宗尊親王(むねたかしんのう)は、鎌倉幕府6代将軍(在任:建長4年(1252年)4月 - 文永3年(1266年)6月、皇族での初めての征夷大将軍である)。
後嵯峨天皇の第一皇子。
生涯 5代将軍の藤原頼嗣が京に送還された後の建長4年(1252年)4月に11歳で鎌倉に迎えられ、異母弟の後深草天皇より征夷大将軍の宣下を受ける。
征夷大将軍の辞令(宣旨)「吾妻鏡」 三品 宗尊親王 右被左大臣宣偁件親王宜爲征夷大將軍 建長四年四月一日 大外記中原朝臣師兼奉  (訓読文) 三品 宗尊親王 右、左大臣(鷹司兼平)の宣を被るに偁(い)はく、件(くだん)の親王、宜しく征夷大将軍に為すべし 建長4年4月1日 大外記中原朝臣師兼(押小路師兼)奉(うけたまは)る 親王は後嵯峨天皇の事実上の長子であり、父から寵愛されて室町院の養子とされる(室町院は後高倉院子孫の唯一の現存者で多くの所領を持ちながら、それを継承させる子孫がいなかった)。

仁治3年(1242年)11月23日生まれ、文永11年(1274年)7月30日没。 鎌倉幕府第6代将軍。後嵯峨天皇の第1皇子。母は平棟子。 建長4年(1252年)、藤原頼嗣が廃された跡を受け、将軍に就任。鎌倉幕府初の皇族将軍。 文永3年(1266年)、将軍位を廃され京に戻される。後継将軍には皇子の惟康親王が就任。 和歌に優れ、『初心愚草』などの歌集を編纂した。 (引用元 Hatena Keyword)