訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

江青 氏

毛沢東の4番目の夫人[日本]

(四人組の一人)

1991年 5月14日 死去自殺享年76歳

江青 - ウィキペディアより引用
江青(こう せい、ジャン・チン、ピンイン:Jiāng Qīng。
1914年3月 - 1991年5月14日)は、中華人民共和国指導者の毛沢東共産党主席の4番目の夫人で政治指導者、女優。
山東省出身。
文化大革命(文革)を主導し「紅色女皇」と呼ばれた。
文革末期には王洪文・張春橋・姚文元と「四人組」を形成し、中国共産党内で影響力を持ったが、毛沢東の死後に逮捕、投獄され、死刑判決を受ける。
無期懲役に減刑ののち、病気治療仮釈放(保外就医)中に北京の居住地で自殺した。
「江青」は女優時からの名乗りであり、出生時の名は李淑蒙とも李進(李進孩)ともいう。
毛沢東の漢詩に「李進同志」に宛てたものがある。
小学校入学時には李雲鶴と名乗る。
「江青」と改名する前には「藍蘋」として広く知られた。
生涯 生い立ち 中華民国の山東省諸城県で生まれ、済南市の中流家庭で育つ。
良家への結婚を求めた母は、李に纏足を施したが、李はすぐにこれを解いた。
1929年、済南で山東省実験劇院に進んだのち青島大学の図書館で副司書として働く。