訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

長岡外史

陸軍中将、政治家[日本]

1933年 4月21日 死去享年74歳

長岡外史 - ウィキペディアより引用
長岡 外史(ながおか がいし、安政5年5月13日(1858年6月23日) - 昭和8年(1933年)4月21日)は明治、大正期の陸軍軍人、政治家。
陸士旧2期・陸大1期。
栄典は正三位勲一等功二級。
最終階級は陸軍中将。
周防国都濃郡末武村(現・山口県下松市)出身。
父は大庄屋・堀三右衛門で、徳山藩士・長岡南陽の養子。
明倫館を経て、明治11年(1878年)、陸軍士官学校(旧2期)卒。
明治18年(1885年)に陸軍大学校を一期生として卒業。
日清戦争では大島混成旅団の参謀、明治30年(1897年)には軍務局第2軍事課長を勤め、ドイツ派遣を経験する。
明治35年(1902年)には陸軍少将となり、歩兵第9旅団長を務める。
明治37年(1904年)からの日露戦争では大本営陸軍部参謀次長として行動した。
明治38年(1905年)、5月末の日本海海戦における圧倒的な勝利ののち、ロシア帝国との講和条件を少しでも日本側に有利なものとするため、講和会議に先立って樺太を占領すべきであると考え、長岡は樺太占領作戦を軍首脳に上申したが、海軍は不賛成であり、陸軍参謀総長の山縣有朋もこれに同意しなかった。

↑ PAGE TOP