訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

野村秋介 氏

右翼活動家[日本]

1993年 10月20日 死去自殺享年58歳

野村 秋介(のむら しゅうすけ、1935年2月14日 - 1993年10月20日)は、日本の民族派団体の活動家。
戦後の民族派の代表的な論客として知られた。
来歴・人物 東京市に生まれ、横浜で育つ。
神奈川工業高校中退後、愚連隊に入り、出口辰夫の舎弟をつとめた。
網走刑務所で服役中、五・一五事件の三上卓の門下生と出会ったことを機に民族主義者となり、自らも三上の弟子となる。
1961年に憂国道志会を結成し、「大悲会」会長に就任した。
1963年7月15日、河野一郎邸焼き討ち事件を起こし逮捕されたが、これは党人派の河野を追い落とし、官僚派の池田勇人、佐藤栄作、はては吉田学校のドンたる吉田茂を利するだけであって、はなはだ不可解で官僚派から金をもらったのではないかとされている。
懲役12年の実刑判決を受けた。
出所後の1977年3月3日、元楯の会会員西尾俊一、元実動部隊班長・伊藤好雄、元大東塾構成員森田忠明とともに、経団連襲撃事件を起こし逮捕。
懲役6年の実刑判決を受け再び服役。
出所後は「YP体制打倒」と「日米安保条約破棄」を軸に、反権力の右翼としての思想を強く主張した。