訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

末松謙澄(すえまつけんちょう)

政治家[日本]
(伊藤博文の女婿)
1920年 10月5日 死去享年66歳
末松謙澄 - ウィキペディアより引用
末松 謙澄(すえまつ けんちょう、安政2年8月20日(1855年9月30日) - 大正9年(1920年)10月5日)は、明治・大正時代のジャーナリスト・政治家・歴史家。
子爵。
幼名は千松(または線松)。
帝国学士院会員。
生涯 豊前国前田村(後に福岡県行橋市)に大庄屋末松房澄(通称七右衛門、号は臥雲)・伸子の4男として生まれる。
慶応元年(1865年)に地元の碩学村山仏山の私塾水哉園で漢学と国学を学び、明治4年(1871年)に上京して佐々木高行の元へ書生として住み込み、佐々木の娘・静衛がグイド・フルベッキの娘に英語を教わっていた縁で、フルベッキ家に居候となっていた高橋是清と親交を結んだ。
高橋から英語を教わる代わりに漢学の教授を引き受けて互いに勉強する日々を送り、明治5年(1872年)に東京師範学校(東京教育大学、筑波大学の前身)へ入学した。
しかし学校生活に不満を感じて同年に中退、高橋と協力して外国新聞の翻訳で生計を立てつつ東京日日新聞社へ記事を売り込み、明治7年(1874年)に同社の記者となり笹波萍二のペンネームで社説を執筆。
題名
末松謙澄と「防長回天史」 (1980年)
著者
金子厚男
発売元
青潮社
発売日
1980-10
新品価格
より
中古商品
¥ 1,500 より
題名
ポーツマスへの道―黄禍論とヨーロッパの末松謙澄
著者
松村正義
発売元
原書房
発売日
1987-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,800 より
題名
若き日の末松謙澄―在英通信
著者
玉江彦太郎
発売元
海鳥社
発売日
1992-01
新品価格
¥ 2,935 より
中古商品
¥ 800 より
題名
孝子伊藤公
著者
末松謙澄
発売元
末松謙澄
発売日
1911
新品価格
より
中古商品
¥ 3,439 より
題名
義経 (書物の王国)
著者
発売元
国書刊行会
発売日
2000-05-01
新品価格
¥ 2,484 より
中古商品
¥ 544 より
題名
源氏物語 (英文・末松謙澄 訳版)
著者
紫式部
発売元
チャールズ・イ・タトル出版
発売日
2008-01-30
新品価格
より
中古商品
¥ 1,808 より
題名
防長回天史 (1980年)
著者
末松謙澄
発売元
柏書房
発売日
1980-05
新品価格
より
中古商品
¥ 39,500 より
題名
青萍・末松謙澄の生涯 (1985年)
著者
玉江彦太郎
発売元
葦書房
発売日
1985-08
新品価格
より
中古商品
¥ 9,000 より
題名
防長回天史 (第1上下巻)
著者
末松謙澄
発売元
末松春彦
発売日
1921
新品価格
より
中古商品
¥ 20,900 より
題名
維新風雲録
著者
発売元
哲学書院
発売日
1900
新品価格
より
中古商品
¥ 10,000 より

↑ PAGE TOP