芸能人・経営者のおくやみ情報

レーニエ3世 氏

モナコ公国大公[モナコ]

2005年 4月6日 死去享年80歳

レーニエ3世 - ウィキペディアより引用

レーニエ3世(Rainier III de Monaco, Rainier Louis Henri Maxence Bertrand Grimaldi, 1923年5月31日 - 2005年4月6日)は、モナコ公国大公(在位1949年5月9日 - 2005年4月6日)。
父はポリニャック伯ピエール、母はモナコ大公ルイ2世の娘シャルロット(ヴァランティノワ女公)。
妻はハリウッド女優であったグレース・ケリーである。
生涯 レーニエ3世はフランス、スペイン、ドイツ、イングランド、スコットランド、オランダ、イタリアの血を引いており、祖先にはスコットランド王ジェームズ4世、ナポレオン・ボナパルトの養女であったステファニー・ド・ボアルネ、18世紀のイギリス人作家ウィリアム・トマス・ベックフォード、オラニエ公ウィレム1世、イングランド王チャールズ2世の愛妾でイタリア人であったオルタンス・マンチーニ、マリー・アントワネットの寵臣ポリニャック伯爵夫人、デンマーク王フレゼリク2世などがいる。