芸能人・経営者のおくやみ情報

大村益次郎(おおむらますじろう)

長州藩の医師・兵学者、兵部省初代大輔[日本]

(明治2年11月5日没)

1869年 12月7日 死去敗血症享年46歳

大村益次郎 - ウィキペディアより引用

大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政8年5月3日(1824年5月30日) - 明治2年11月5日(1869年12月7日)は、幕末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者である。
維新の十傑の一人に数えられる。
長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。
太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。
元の名字は村田、幼名は宗太郎、通称は蔵六、良庵(または亮庵)、のちに益次郎。
雅号は良庵・良安・亮安。
諱は永敏(ながとし)。
位階は贈従三位、後に従二位。
家紋は丸に桔梗。
生涯 村医 周防国吉敷郡鋳銭司(すぜんじ)村字大村(現・山口県山口市鋳銭司)に村医の村田孝益と妻うめの長男として生まれる。
天保13年(1842年)、防府で、シーボルトの弟子の梅田幽斎に医学や蘭学を学び、翌年4月梅田の勧めで豊後国日田に向かい、4月7日広瀬淡窓の私塾咸宜園に入る。

おおむらますじろう [生]文政7(1824).3.10.周防[没]明治2(1869).11.5.大阪幕末の洋学者。日本の近代的軍制の創始者。周防国吉敷郡鋳銭司村字大村に医者村田孝益の長男として生れ,幼名惣太郎,諱は永敏,通称を良庵といい,のち慶応1(1865)年蔵六と改称。緒方洪庵,P.シーボルトについてオランダ医学を学ぶ。兵学を修め,宇和島藩御雇となったのち,蕃書調所で教授手伝い,さらに講武所で教授を歴任。明治2(69)年,兵部大輔となり,諸藩混成の士族的御親兵を国民的な近代軍隊へ改組するため,フランス陸軍,イギリス海軍を模範として一連の兵制改革を行なったが,旧士族の反感を買い,9月4日京都の止宿先で襲われ,刺された傷がもとで大阪の病院で死亡。 (引用元 コトバンク)