訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

安徳天皇(あんとくてんのう)

第81代天皇[日本]

(寿永4年3月24日崩御)

(ユリウス暦) 1185年 4月25日 死去入水享年8歳

安徳天皇 - ウィキペディアより引用
安徳天皇(あんとくてんのう、安德天皇、治承2年11月12日(1178年12月22日) - 寿永4年3月24日(1185年4月25日))は、第81代天皇(在位:治承4年4月22日(1180年5月18日) - 寿永4年3月24日(1185年4月25日))。
諱は言仁(ときひと)。
高倉天皇の第一皇子。
母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)。
治承2年(1178年)11月12日に生まれ、生後まもない12月15日に立太子。
治承4年(1180年)2月21日に践祚し、4月22日に数え年3歳(満1歳4か月)で即位するが、幼年のため当然実権はなく政治は清盛が取り仕切った。
即位の年に清盛の主導で遷都が計画され、福原行幸(現在の神戸市)が行なわれるが、半年ほどで京都に還幸した。
寿永2年(1183年)、源義仲の入京に伴い、三種の神器とともに都落ちする。
この後寿永2年8月20日(1183年9月8日)に神器が無いまま後鳥羽天皇が践祚し、正史上初めて同時に2人の天皇が擁立されることになった。