芸能人・経営者のおくやみ情報

平忠盛(たいらのただもり)

平家の武将[日本]

(仁平3年1月15日没)

(ユリウス暦) 1153年 2月10日 死去享年58歳

平忠盛 - ウィキペディアより引用

平 忠盛(たいら の ただもり)は、平安時代末期の武将。
平清盛の父。
烏帽子親は義兄の源義忠。
伊勢平氏で初めて昇殿を許された。
北面武士・追討使として白河院政・鳥羽院政の武力的支柱の役割を果たすとともに、諸国の受領を歴任し、日宋貿易にも従事して莫大な富を蓄えた。
その武力と財力は次代に引き継がれ、後の平氏政権の礎となった。
歌人としても知られ、家集『平忠盛集』がある。
生涯 白河院政期 父の正盛は白河法皇に北面武士として仕え、源義親の追討で武名を上げた。
一方で源義忠に息女を娶わせるなど、先行の軍事貴族である河内源氏とも連携を図り、義忠は忠盛の烏帽子親となっている。
義忠死後に河内源氏が衰退するのと入れ替わるように、伊勢平氏は源氏の与党を従わせつつ勢力を伸ばしていった。
天仁元年(1108年)、忠盛は13歳で左衛門少尉となり、天永2年(1111年)には検非違使を兼帯して、京の治安維持に従事した。
天永4年(1113年)には盗賊の夏焼大夫を追捕した功で従五位下に叙される(『長秋記』3月14日条)。

たいらのただもり [生]永長1(1096)[没]仁平3(1153).1.15.平安時代末期の武将。正盛の子,清盛の父。永久1(1113)年強盗を捕えた功で一躍従五位下に叙せられた。同年の永久の強訴にも父とともに活躍。大治4(29)年備前守であった忠盛は,山陽,南海道の海賊追捕を行なった。彼を任用した白河法皇が同年に没し,鳥羽上皇が院政を開始すると正四位下に叙せられ,武名と財力(国守歴任,および宋との貿易による富)とを背景に,院と密接な関係を結んで昇殿を望んだ。長承1(32)年得長寿院造営の賞として待望の内裏昇殿が許され,平氏政権の基盤を築いた。 (引用元 コトバンク)