芸能人・経営者のおくやみ情報

大賀典雄 氏(おおがのりお)

元ソニー社長会長指揮者[日本]

2011年 4月23日 死去多臓器不全享年82歳

大賀典雄 - ウィキペディアより引用

大賀 典雄(おおが のりお、1930年1月29日 - 2011年4月23日)は、日本の実業家、指揮者、声楽家。
勲等は勲一等。
ソニー株式会社相談役、財団法人東京フィルハーモニー交響楽団会長・理事長、東京文化会館館長。
CBS・ソニーレコード株式会社社長(初代)、ソニー商事株式会社社長、東京商工会議所副会頭、ソニー株式会社社長・最高経営責任者(初代)、社団法人経済団体連合会副会長などを歴任した。
妻はピアニストの松原緑。
生い立ち 1930年、静岡県沼津市の材木商を営む大賀正一・としの次男(7人兄弟)として生まれる。
父親は浜松第一中学から盛岡高等農林学校に学んだのち事業を興し、仏領インドシナなどにも店を持つほど成功した。
父親がハノイに単身赴任していたため母・兄弟姉妹とともに沼津千本松原の別荘で裕福に暮らす。
1949年、旧制静岡県立沼津中学校を卒業。
在学中に肋膜炎を患い、療養中の家庭教師となった岩井産業の岩井一郎から工学から音楽・歴史まで多大な影響を受ける。

ソニーの社長、会長を務め同社をソフトとハードの融合した複合企業に育てた大賀典雄氏が23日午前9時14分死去した。81歳だった。(2011/04/23-23:34)

おおがのりお [生]1930.1.29.静岡,沼津[没]2011.4.23.東京実業家,声楽家。1953年東京芸術大学音楽学部を卒業,同大学声楽部専攻科を修了後ドイツに留学,1957年ベルリン国立芸術大学を卒業した。東京芸術大学在学中に,テープレコーダの問題点を指摘したことをきっかけに1953年東京通信工業(→ソニー)嘱託となり,1959年正式に入社した。1964年に若くして取締役に就任,1982年社長兼最高執行責任者COO,1989年最高経営責任者CEO,1995年代表取締役会長,2000年取締役会議長に就任。2003~06年名誉会長。ハードウェアとソフトウェアを「車の両輪」とする経営方針から,1968年CBS・ソニーレコード(→ソニー・ミュージックエンタテインメント)を設立。1989年にコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメントを買収して映画分野に,1993年にはソニー・コンピュータエンタテインメントを設立してゲーム分野に進出した。また,オーディオのデジタル化に努め,コンパクトディスクCD開発と普及に功績を残した。1998年経済団体連合会副会長に就任。実業界入り後も音楽活動を続け,東京フィルハーモニー交響楽団会長・理事長も務めた。レジオン・ドヌール勲章(1996)をはじめ,世界各国から勲章を授与された。2001年勲一等瑞宝章受章,2011年従三位に叙された。 (引用元 コトバンク)