訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐藤利三郎 氏

東北大学名誉教授、通信工学[日本]

2011年 4月12日 死去老衰享年89歳

佐藤 利三郎(さとう りさぶろう、1921年9月23日 - )は日本人の工学者。

宮城県古川市(現大崎市)に生まれる。
東京タワー(日本電波塔)の放送アンテナや、新幹線の通信システムの設計、開発に従事。

東北大学名誉教授、東北学院大学名誉教授、工学博士。

1944年 東北帝国大学工学部通信工学科卒業、同大学院特別研究生
1949年 東北大学工学部助教授
1952年 工学博士
1961年 東北大学工学部教授
1974年 電子通信学会副会長
1977年 IEEE Fellow
1979年 IEEE EMC-S Board of Director
1983年 東北大学大型計算機センター長
1984年 東北大学名誉教授、東北学院大学工学部教授、同大学工学部長
1986年 IEEE EMC-S Standard 187 Chairman
1987年 不要電波問題対策協議会副会長、電波障害波自動計測化調査委員会委員長

佐藤 利三郎氏(さとう・りさぶろう=東北大名誉教授・通信工学)12日午前7時34分、老衰のため仙台市泉区の自宅で死去、89歳。宮城県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長女渡辺葉子(わたなべ・ようこ)さん。 東京タワーの放送アンテナや新幹線通信システムの設計・開発に取り組んだ。(2011/04/14-20:48)