芸能人・経営者のおくやみ情報

天智天皇(てんじてんのう)

第38代天皇、中大兄皇子[日本]

(ユリウス暦) 0672年 1月7日 死去享年46歳

天智天皇 - ウィキペディアより引用

天智天皇(てんちてんのう / てんじてんのう、推古天皇34年(626年)- 天智天皇10年12月3日(672年1月7日))は第38代天皇(在位:天智天皇7年1月3日(668年2月20日) - 10年12月3日(672年1月7日))。
和風諡号は天命開別尊(あめみことひらかすわけのみこと / あまつみことさきわけのみこと)。
一般には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ / なかのおおえのみこ)として知られる。
「大兄」とは、同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号で、「中大兄」は「二番目の大兄」を意味する語。
諱(実名)は葛城(かづらき/かつらぎ)。
漢風諡号である「天智天皇」は、代々の天皇の漢風諡号と同様に、奈良時代に淡海三船が「殷最後の王である紂王の愛した天智玉」から名付けたと言われる。
生涯 大化の改新と即位 舒明天皇の第2皇子。
母は皇極天皇(重祚して斉明天皇)。
皇后は異母兄・古人大兄皇子の娘・倭姫王。
ただし皇后との間に皇子女はない。
皇極天皇4年6月12日(645年7月10日)、中大兄皇子は中臣鎌足らと謀り、皇極天皇の御前で蘇我入鹿を暗殺するクーデターを起こす(乙巳の変)。

てんぢてんのう [生]推古33(625)/推古34(626)[没]天智10(671).12.3.近江,大津第38代の天皇(在位668~671)。名は天命開別天皇(あめみことひらかすわけのみこと),また中大兄皇子(なかのおおえのおうじ),葛城皇子ともいう。舒明天皇の皇子,母は皇極(斉明)天皇。天武天皇は同母弟。持統天皇,大友皇子らの父。皇極4(645)年中臣鎌足らと蘇我氏を討ち大化改新を断行,孝徳,斉明両朝の皇太子として,また斉明崩御後も政治の実権を握り(称制),近江遷都後の天智7(668)年即位。治政の根幹は天皇制的中央集権の強化にありと考え,中国の制度,文物を積極的に移入し,近江令の制定,戸籍の整備などを行なった。治世中は漢詩文が盛んで,その影響を受けた和歌に新風がもたらされた。『万葉集』に長歌1首,短歌3首を残している。陵墓は京都市山科区御陵上御廟野町の山科陵。 天智天皇てんじてんのう 「天智天皇」のページをご覧ください。 天智天皇てんちてんのう 「天智天皇」のページをご覧ください。 (引用元 コトバンク)