芸能人・経営者のおくやみ情報

蘇我蝦夷(そがのえみし)

飛鳥時代の貴族[日本]

(ユリウス暦) 0645年 7月11日 死去自害享年歳

蘇我 蝦夷(そが の えみし)は、飛鳥時代の政治家、貴族。
大臣として権勢を振るうが乙巳の変で自害した。
『日本書紀』では蘇我蝦夷、通称は豊浦大臣(とゆらのおおおみ)。
『上宮聖徳法王帝説』では「蘇我豊浦毛人」。
蝦夷の精強な印象を良いイメージとして借用した名前である(小野毛人や佐伯今毛人、鴨蝦夷らも「えみし」を名として使用している)。
蝦夷は蔑称であり、毛人が本名との説があるが「蝦夷」も「毛人」も同じ対象を指す。
生涯 蘇我馬子の子で、母は物部守屋の妹・太媛。
推古天皇末年から皇極天皇の御代にかけて大臣として権勢をふるった。
推古天皇の崩御後、皇位継承者の選定に当たり、推古天皇の遺勅として田村皇子を舒明天皇として即位させた。
有力な皇位継承の候補者としては、田村皇子と山背大兄王がいたが、山背大兄王を推薦した叔父の境部摩理勢を殺害した。
『日本書紀』はこれを蝦夷の専横の一つに数えるが、父・馬子の死後、蘇我氏に対する内外の風当たりが強くなる中で、皇族や諸豪族との融和を重視して、蘇我氏との血縁関係のない舒明天皇を即位させたという説もある。

用明天皇元年(586年)? 〜大化元年6月13日(645年7月11日) 日本の飛鳥時代の政治家。有力豪族の蘇我氏の一族の1人。 大臣として権勢を振るうが乙巳の変で自害した。 (引用元 Hatena Keyword)