訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヤッシャ・ハイフェッツ 氏Yasha Ruvimovich Heifetz

バイオリン奏者[リトアニア→アメリカ]

1987年 12月10日 死去享年87歳

ヤッシャ・ハイフェッツ - ウィキペディアより引用
ヤッシャ・ハイフェッツ (露: Ио́сиф ("Яша") Ру́вимович Хе́йфец,ローマ字翻字:Iosif (Yasha) Ruvimovich Heifetz,立:Jascha Heifetzas 1901年2月2日 - 1987年12月10日) は、20世紀を代表するヴァイオリニストであり、「ヴァイオリニストの王」と称された。
ジム・ホイル(Jim Hoyle)名義で作曲活動も行っていた。
生涯 ハイフェッツはロシア帝国領ビルナ (現在のリトアニアの首都) にユダヤ人として生まれた。
日本ではHeifetzという綴りをドイツ語風に読んでハイフェッツと表記することが定着しているが、もとはヘブライ語のחפץ(ヘフェツ。
「喜び」を意味する)に由来するイディッシュ語の苗字であり、ヘイフェツと発音される。
3歳でヴァイオリンを始め、神童と呼ばれ、5歳で地元の音楽院でレオポルト・アウアー門下のイリヤ・ダヴィドヴィチ・マルキンに師事、7歳でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏し、デビューを果たした。