芸能人・経営者のおくやみ情報

坂上二郎 氏(さかがみじろう)

俳優、コメディアン「コント55号」[日本]

2011年 3月10日 死去脳梗塞享年76歳

坂上 二郎(さかがみ じろう、1934年4月16日 - 2011年3月10日)、は、日本のコメディアン、俳優、歌手。
鹿児島県鹿児島市出身。
浅井企画所属。
通称「二郎さん」。
プロフィール 鹿児島県鹿児島市出身。
2歳のとき家族で満州国に渡り、同国の首都の新京と中華民国の北京で育ち、小学校1年生のとき鹿児島に戻る。
コメディアンデビュー 鹿児島市立清水中学校を卒業後、鹿児島市内の百貨店・丸屋呉服店に勤務する。
1953年、『のど自慢素人演芸会』で鹿児島県代表に選ばれ優勝したのを機に、歌手を目指し上京する。
さまざまな職業を経て青木光一の付き人や島倉千代子の専属司会者を経て、獅子てんや・瀬戸わんや門下となり、漫才コンビ「内藤ロック・安藤ロール」を結成。
解散後、「安藤ロール」の名のままストリップ劇場・「浅草フランス座」のコメディアンとなり、阿部昇二に師事。
幕間コントで萩本欽一と共演した。
コント55号 キャバレーの営業等で食いつないでいた1966年、萩本と再会し、お笑いコンビ「コント55号」を結成する。

コメディアン・俳優・タレント・歌手 愛称:二郎さん 誕生日:1934年(昭和9年)4月16日 血液型:AB型 出身地:鹿児島県鹿児島市 所属:浅井企画 歌手を目指して上京するも、萩本欽一と1966年にコント55号を結成しその後大ブレイク。 手を飛行機に見立て「飛びます!飛びます!」のコミカルなアクションでもお馴染み。 コント55号のボケ担当を源とするコメディからシリアスまでをこよなくこなす俳優。 2004年、脳梗塞で倒れ入院を余儀なくされたが、リハビリを重ねて復帰。 栃木県那須塩原市にある通信制高校サポート校「那須高原開成学院?」とお笑い芸人の育成学校「那須お笑い学校?」の名誉校長や社会人野球のクラブチーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の総監督を務めた。 2011年3月10日、脳梗塞のため死去。享年76。 (引用元 Hatena Keyword)