芸能人・経営者のおくやみ情報

和田寿郎 氏

札幌医大学名誉教授[日本]

(日本で初の心臓移植手術を実施)

2011年 2月14日 死去肺炎享年88歳

和田 寿郎(わだ じゅろう、1922年3月11日 - 2011年2月14日)は、日本の心臓血管外科医。
札幌医科大学名誉教授。
ワダ弁(人工心弁)の開発や、後に「和田心臓移植事件」として様々な疑惑が浮上する日本初の心臓移植手術を執刀したことで有名な医師。
北海道札幌市生まれ。
医学の道を志し、旧制札幌第一中学校から北海道帝国大学予科を経て、同大学医学部を1944年(昭和19年)に首席で卒業した。
心臓外科医としての歩み 1950年(昭和25年)に北大医学部講師を辞め、アメリカへ4年に亘る留学をする。
ミネソタ州立大学、オハイオ州立大学胸部外科、ハーバード大学などで研鑽を積む。
ミネソタでは、世界初の心臓移植を執刀した南アフリカのクリスチャン・バーナードと知己を得、さらに犬を使った動物実験で画期的な成功を収め、その後も世界の心臓移植を牽引し続けたノーマン・シャムウェイともここで知り合った。

わだ-じゅろう 1922-2011昭和後期-平成時代の外科学者。大正11年3月11日生まれ。昭和32年札幌医大教授となる。52年東京女子医大教授,62年和田記念心臓肺研究所長。43年日本最初の心臓移植手術をおこなう。その脳死判定や移植の必要性をめぐって告発されたが,不起訴となった。平成23年2月14日死去。88歳。北海道出身。北海道帝大卒。著作に「ゆるぎなき生命の塔を」など。 (引用元 コトバンク)

「和田寿郎」と関連する人物(故人)