訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・シアリング 氏

ジャズピアニスト[イギリス→アメリカ]

2011年 2月14日 死去鬱血性心不全享年91歳

ジョージ・シアリング OBE(Sir George Shearing OBE、1919年8月13日 - 2011年2月14日)は、イギリス生まれのジャズピアニスト。
アメリカに渡ってクール・ジャズの第一人者として活動し、作曲家としても「バードランドの子守唄」等のスタンダード・ナンバーを生み出した。
ロンドン生まれ。
生後間もなく盲目となるが、3歳でピアノを始める。
音楽評論家/プロデューサーのレナード・フェザーに認められて、1937年頃から本格的にプロとして活動。
イギリスでの活動期には、ステファン・グラッペリとも共演。
1947年にアメリカに渡る。
1949年、ヴィブラフォンやエレクトリックギターを導入した編成のクインテットを結成し、MGMレコードと契約。
同年、映画の挿入歌をアレンジした「九月の雨」の大ヒットで注目を浴びる。
1952年、ジャズ・クラブ「バードランド」にちなんだ楽曲「バードランドの子守唄」を作曲。
同曲は、ジョージ・デヴィッド・ワイスにより歌詞がつけられ、サラ・ヴォーン等多くのボーカリストにも取り上げられた。

「ジョージ・シアリング」と関連する人物(故人)