芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェイムズ・ジョイスJames Augustine Aloysius Joyce

作家詩人[アイルランド]

(小説「ユリシーズ」で知られる)

1941年 1月13日 死去享年60歳

ジェイムズ・ジョイス - ウィキペディアより引用

ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce、1882年2月2日 – 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。
画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。
ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。
彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。
そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
生涯 ダブリン時代(1882年 - 1904年) ジェイムズ・ジョイスは1882年にダブリンの南のラスガーという富裕な地域で没落してゆく中流のカトリック家庭に、10人兄弟の長男として生まれた(他にも2人兄弟がいたが腸チフスで亡くなっている)。

  • 題名
    The Complete...
    歌手
    J
    発売元
    Sub Rosa
    発売日
    2003年11月18日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 7,035 より
  • 題名
    Anna Livia Plurabelle
    歌手
    J
    発売元
    Sub Rosa
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

ジェイムズ・アウグスティン・アロイジウス・ジョイス。アイルランド出身の小説家 James Augustine Aloysius Joyce(1882〜1951)。 1882年、ダブリンの郊外に生まれる。そのアロイジウス(イエズス会教育の守護聖人)という洗礼名が示す通り、幼い頃から厳しいイエズス会教育を受け、私立大学のユニバーシティ・カレッジ・オブ・ダブリン(University College of Dublin=UCD)に入学。1900年、大学在学中にノルウェーの劇作家であるイプセンの新作についての評論「イプセンの新しい演劇」(Ibsen's New Drama)を出版し、本人からも賞賛されるところとなる。1901年、アイルランド文芸復興運動を批判した批評「わいわい騒ぎの日」(The Day of Rabblement)を書くが、大学の雑誌から掲載を拒否される。1904年6月10日に妻となる女性ノーラと出会い、翌年トリエステのベルリッツ校に英語教師として赴任する。1907年詩集『室内音楽』(Chamber Music)を出版。以後着実に作品を書き続けていくが、出版社との間で揉め事を引き起こし、1914年になってようやく『ダブリン市民』(Dubliners)を出版、1916年にニュー・ヨークにて『若い芸術家の肖像』(A Portrait of the Artist as a Young Man)(元々は『スティーブン・ヒーロー』(Stephen Hero)という題名で書き進められる予定だった)を出版することとなる。このビルデュンクスロマンである『肖像』によってジョイスは文名を高め、フローベールのような19世紀写実主義作家からの影響下にあるものとして、またH. G. ウェルズからはスターン〜ショーに連なるアイルランド文学の伝統の上に立つものとして評価された。1918年にはロンドンで戯曲『流刑者たち』(Exiles)を出版。192 …… (引用元 Hatena Keyword)