芸能人・経営者のおくやみ情報

三浦和義 氏(みうらかずよし)

実業家[日本]

(ロス疑惑の中心人物)

2008年 10月11日 死去自殺享年62歳

三浦 和義(みうら かずよし、1947年7月27日 - 2008年10月11日)は、山梨県出身の元実業家、随筆家、タレント、俳優。
タレント事務所のアルファ・ジャパンプロモーションに所属し、株式会社エヌジーユー代表取締役であった。
身長181cm、体重78kg。
父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子がいる。
いわゆる「ロス疑惑」が取り沙汰された。
生い立ち 父は建築会社に勤める土木技師、母は料亭の娘。
母の疎開先の山梨県東八代郡御坂町(現在の笛吹市)で生まれ、幼い時期を北海道で過ごしたのち千葉県市川市で育つ。
小学生当時、映画プロデューサーだった叔母の水の江瀧子の家へ遊びに行くと俳優たちから多額のお年玉をもらい、その額が30万~40万円に達していたという。
このことについて三浦自身は「嬉しかったけど、大人を見くびることにはなったよね。
どうしても歪むだろうね」と語っている。
瀧子は石原裕次郎を育てた日活のプロデューサーでもあり、三浦自身も裕次郎宛の何万枚という年賀状のお年玉くじの整理を頼まれ、当選品を裕次郎からプレゼントされるなど、裕次郎とは当時接触があった。

1947年7月27日生まれ。 小学から中学にかけて子役として映画に出演。 1984年1月発売の週刊誌で本人には何ら取材をしないまま、保険金目的の計画殺人の主犯として『ロス疑惑』報道がなされ、その後逮捕されるも、2003年3月に最高裁判所で無罪判決が確定。「1000人余の女性と交際」等の報道が6000件余もあり、戦後最大の個人攻撃報道がなされたにもかかわらず、弁護士を立てない本人訴訟でマスコミを500件近く名誉棄損、プライバシー侵害で提訴し、その民事訴訟の8割余に勝訴。 ちなみに、サッカー選手の三浦知良とは氏名の読み方は同じだが、別人である。 2008年2月23日(米国時間)、アメリカ合衆国自治領サイパンで逮捕され、2008年10月10日ロサンゼルスに身柄を移送された。 収容先はロス郡が運営する未決囚拘置所の典型的な1人用の房は広さ約10平方メートル。 テレビ付きの娯楽室を使用することが出来、1日1時間程度使用が許されている共同シャワーも完備され、運動の時間もあるとされている。 2008年10月10日深夜(現地時間)、移送先のロサンゼルスで自殺を図り死亡した(「外務省にロサンゼルス日本総領事館から入った連絡」として日本で複数の報道機関によって報道された)。 ロス市警本部の留置場に入り、罪状認否のため2008年10月14日午後(日本時間15日午前)にロス郡地裁に出廷する予定だった。 (引用元 Hatena Keyword)