訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

三浦和義 氏(みうらかずよし)

実業家[日本]

(ロス疑惑の中心人物)

2008年 10月11日 死去自殺享年62歳

三浦 和義(みうら かずよし、1947年7月27日 - 2008年10月11日)は、山梨県出身の元実業家、随筆家、タレント、俳優。
タレント事務所のアルファ・ジャパンプロモーションに所属し、株式会社エヌジーユー代表取締役であった。
身長181cm、体重78kg。
父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子がいる。
いわゆる「ロス疑惑」が取り沙汰された。
生い立ち 父は建築会社に勤める土木技師、母は料亭の娘。
母の疎開先の山梨県東八代郡御坂町(現在の笛吹市)で生まれ、幼い時期を北海道で過ごしたのち千葉県市川市で育つ。
小学生当時、映画プロデューサーだった叔母の水の江瀧子の家へ遊びに行くと俳優たちから多額のお年玉をもらい、その額が30万~40万円に達していたという。
このことについて三浦自身は「嬉しかったけど、大人を見くびることにはなったよね。
どうしても歪むだろうね」と語っている。
瀧子は石原裕次郎を育てた日活のプロデューサーでもあり、三浦自身も裕次郎宛の何万枚という年賀状のお年玉くじの整理を頼まれ、当選品を裕次郎からプレゼントされるなど、裕次郎とは当時接触があった。