芸能人・経営者のおくやみ情報

山下敬二郎 氏(やましたけいじろう)

ロカビリー歌手[日本]

2011年 1月5日 死去胆管がんによる腎不全享年73歳

山下 敬二郎(やました けいじろう、本名:山下 啓次郎(やました けいじろう)、1939年2月22日 - 2011年1月5日)は、東京都出身のロカビリー歌手。
人物・略歴 父は落語家・喜劇俳優の柳家金語楼、異母兄は作家・演出家の山下武、実妹は女優・声優の有崎由見子。
祖父は三遊亭金勝。
叔父は先代昔々亭桃太郎。
ウイリー沖山の弟子を経て、初期ドリフターズ(サンズ・オブ・ドリフターズ)でメインボーカルを務める。
創立間もない渡辺プロダクションの専属になり、1958年2月に開かれた第1回日劇ウエスタンカーニバルで大々的に売り出される。
持ち歌はポール・アンカの「ダイアナ」の日本語カヴァーで、平尾昌晃、ミッキー・カーチスと共に「ロカビリー三人男」と呼ばれ、一世を風靡した。
5度の結婚歴があり、5人目の妻の山下直子(1991年、26歳の年齢差で結婚)とのステージを中心に、セルフ・プロデュースでカントリー・ウエスタンのCDを発表するなど、ベテランの域に達しても音楽活動を展開していた。

「ダイアナ」などのヒット曲で知られるロカビリー歌手。平尾昌晃、ミッキー・カーチスとともに「ロカビリー三人男」と称された。 父親は落語家の柳家金語楼。2011年1月5日、胆管がんのため死去。享年71。 1939年2月22日、東京都牛込で生まれる。 14歳の頃、ウイリー沖山に師事し、歌の世界に足を踏み入れる。 1958年2月「第一回 日劇ウエスタン・カーニバル」でプロとしての初舞台を踏む。「ダイアナ」で一気にスターダムにのし上がり平尾昌晃、ミッキー・カーチスと共に「ロカビリー三人男」と呼ばれた。 当時、日本中の若者に熱狂的なロカビリーブームを巻き起こしていた。 現在も自ら率いていたバンド「東京ヤンキースと共にロカビリーにとどまらずROCK、POPS、ハワイアン、カントリー・・・と幅広いレパートリーで活動を続けている。 (引用元 Hatena Keyword)

「山下敬二郎」と関連する人物(故人)