訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

南部利昭 氏

第45代南部家当主、靖国神社宮司[日本]
2009年 1月7日 死去虚血性心不全享年74歳
南部 利昭(なんぶ としあき、1935年9月16日 - 2009年1月7日)は、南部家の第45代当主。
第9代靖国神社宮司。
後陽成天皇の男系子孫。
経歴・人物 南部家第44代当主・南部利英の三男。
母は南部利淳の長女・南部瑞子。
1958年に学習院大学政経学部経済学科卒業後(学習院では常陸宮正仁親王と同級生)、電通に勤務していたが、1980年1月に長兄・利久、同年12月に父・利英が相次いで死去し、次兄が他家の養子になっていたことから、南部家第45代当主となる。
翌1981年に電通を辞めたあとは、父が興した南部恒産の社長、江戸千家岩手不白会会長、岩手日英協会会長、岩手県ゴルフ連盟理事長などを務めた。
2004年9月11日、湯澤貞の定年に伴い、後任の靖国神社宮司に就任(岩手県人としては初)。
松平永芳以来の原則的立場を堅持し、松平が合祀に踏み切った「昭和殉難者」、特に「A級戦犯」の分祀や国立追悼施設建設に反対し、首相による参拝継続を強く求めていた。

↑ PAGE TOP