訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

弘原海清 氏

大阪市立大学名誉教授[日本]

2011年 1月3日 死去心筋梗塞享年78歳

弘原海 清(わだつみ きよし、1932年8月1日 - 2011年1月3日)は、日本の地球科学者。
専門は情報地質学。
NPO法人「大気イオン地震予測研究会e-PISCO」を設立し、理事長を務めた。
兵庫県出石町の出身。
大阪市立大学大学院理学研究科卒。
1966年 大阪市立大学 理学博士 「地史学における火山岩体の取扱について」。
姫路工業大学助教授、大阪市立大学理学部教授などを経て、1993年、大阪市立大学理学部長。
理学部長在職中の1995年1月17日、兵庫県南部地震による阪神・淡路大震災が発生、大阪市立大学阪神大震災学術調査団の団長として、宏観異常現象の収集に取り組む。
また、1990年には日本情報地質学会を設立し、初代会長に就任する。
1996年、岡山理科大学に転出し、翌年、新設の総合情報学部教授。
「地震危険予知プロジェクトPISCO」を立ち上げた。
2004年、岡山理科大学を退職し、NPO法人大気イオン地震予測研究会e-PISCOを立ち上げ、初代理事長に就任した。