芸能人・経営者のおくやみ情報

高峰秀子 氏(たかみねひでこ)

女優エッセイスト[日本]

2010年 12月28日 死去肺がん享年87歳

高峰秀子 - ウィキペディアより引用

高峰 秀子(たかみね ひでこ、1924年3月27日 - 2010年12月28日)は、日本の女優、歌手、エッセイスト。
本名は松山 秀子(まつやま ひでこ)、旧姓は平山(ひらやま)。
愛称はデコちゃん。
戦前・戦後を通じて日本映画界で活躍した女優の一人。
1929年(昭和4年)に松竹蒲田撮影所で子役デビューし、天才子役スターとして活躍。
ハリウッドの名子役シャーリー・テンプルとも比較された。
その後東宝、新東宝を経てフリーとなる。
木下惠介、成瀬巳喜男監督作品に常連出演したほか、小津安二郎、豊田四郎、稲垣浩、五所平之助など日本映画界を彩る巨匠監督の名作に数多く出演した。
1979年(昭和54年)に女優を引退し、その後はエッセイストとして活動。
主な出演作品に『カルメン故郷に帰る』『二十四の瞳』『浮雲』など。
著書に自伝『わたしの渡世日記』など。
夫は映画監督の松山善三。
1924年(大正13年)3月27日、北海道函館市に父・平山錦司、母・イソの長女として生まれる。
生家は祖父の力松が経営していた「マルヒラ砂場」という蕎麦屋料亭で、力松は他にも「マルヒラ劇場」「マルヒラカフェ」などを経営する土地の実力者だった。

故高峰秀子さん(女優、2010年12月28日死去)を偲(しの)ぶ会 3月27日午後3時から東京都世田谷区成城1の4の1の東宝スタジオ第11ステージで。発起人は東宝、松竹など。同日午後4時から5時まで一般の記帳も受け付ける。

たかみねひでこ [生]1924.3.27.北海道,函館[没]2010.12.28.東京映画女優。本名松山秀子。1929年松竹鎌田撮影所に入所,野村芳亭監督の『母』でデビューし,天才子役と呼ばれた。1937年PCL(東宝の前身)に転じ,山本嘉次郎監督の『綴方教室』(1938),『馬』(1941)で人気スターとなる。第2次世界大戦後は木下恵介監督,成瀬巳喜男監督らの日本映画を代表する作品に出演した。代表作に,日本初の本格的色彩映画『カルメン故郷に帰る』(1951),島の分校の女性教師を演じた『二十四の瞳』(1954),煩悶しながら敗戦後の日本をさまよう知的な女性を演じた『浮雲』(1955),灯台守の妻を演じた『喜びも悲しみも幾歳月』(1957),夫松山善三の初監督作『名もなく貧しく美しく』(1961),『華岡青洲の妻』(1967)など。1979年に『衝動殺人息子よ』を最後に映画界を引退し,文筆業に生きた。エッセー『わたしの渡世日記』(1976)で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。 (引用元 コトバンク)