芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリク・グレツキ 氏

現代音楽作曲家[ポーランド]

2010年 11月12日 死去享年76歳

ヘンリク・グレツキ - ウィキペディアより引用

『ヘンリク・ミコワイ・グレツキ』より : ヘンリク・ミコワイ・グレツキ(Henryk Mikołaj Górecki, 1933年12月6日 - 2010年11月12日)は、ポーランドの現代音楽の作曲家。
ポーランド南部チェルニツァ生まれ。
カトヴィツェに移る20歳になるまで、彼は勤勉な勉強家ではなかった。
その後、パリで研鑚を積む間に、当時ポーランド政府の弾圧により聴くことの出来なかったアントン・ヴェーベルンやオリヴィエ・メシアン、カールハインツ・シュトックハウゼンの作品と出会う。
やがてグレツキはカトヴィツェで音楽教授となるが、1970年代後期にヨハネ・パウロ2世のカトヴィツェ市訪問をポーランド政府が許可しなかったため、それに抗議して教授職を辞任する。
作風 第1期 デビュー時の彼の作品はピエール・ブーレーズを始めとするミュジックセリエルの作曲家らと同じく前衛的な様式に基づくものであり、ルイジ・ノーノが「INCONTRI」と題した作品を発表すると「SCONTRI」という題名の曲で切って返すほどの挑発的な存在であった。

Henryk Mikołaj Górecki ヘンリク・ミコワイ・グレツキ ポーランドの現代音楽作曲家。 1933年、生まれ。2010年11月12日、死去。76歳だった。 交響曲第三番「悲歌のシンフォニー」(1976年)など多数の交響曲、合唱曲、ピアノ曲を作曲。 1993年、交響曲第三番「悲歌のシンフォニー」が世界的にヒットした。 (引用元 Hatena Keyword)