芸能人・経営者のおくやみ情報

佐野洋子 氏

絵本作家[日本]

2010年 11月5日 死去乳がん享年72歳

佐野 洋子(さの ようこ、1938年6月28日 - 2010年11月5日)は、日本の作家、エッセイスト、絵本作家。
北京生まれ。
7人兄弟だったが、幼少時に病弱だった兄を亡くしている。
これが後の作風にも影響を与えている。
4歳のときに母親と手を繋ごうとしたら、チッと舌打ちされて手を振り払われて以来、母親に対して確執を抱えた(晩年、母親が認知症になったのち和解)。
武蔵野美術大学デザイン科卒。
ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。
卒業後、デパートで働くが、すべての工程を自分で決めたいと、デザイン、イラストレーションの仕事を手がけながら、『やぎさんのひっこし』で絵本作家としてデビュー。
1990年、谷川俊太郎と結婚し、1996年に離婚。
代表作である『100万回生きたねこ』は、人生や愛について読者に深い感動を与える絵本として子供から大人まで親しまれている。
海外絵本の訳本もある。
エッセイストとしても知られ、『神も仏もありませぬ』で2004年度の小林秀雄賞を受賞。
『役にたたない日々』の中で、がんで余命2年であることを告白していた。

  • 題名
    100万回生きたねこ [DVD]
    監督
    小谷忠典
    出演俳優
    1. 佐野洋子
    2. 渡辺真起子
    発売元
    紀伊國屋書店
    発売日
    2014年11月22日
    新品価格
    ¥ 5,138 より
    中古商品
    ¥ 7,258 より

絵本作家、エッセイスト。 1938年6月28日、生まれ。2010年11月5日、死去。72歳だった。 北京に生まれる。谷川俊太郎は元夫。 武蔵野美術大学デザイン学科卒業後、1967年から一年間、ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。 帰国後、デザイン、イラストレーションを手がけながら絵本を描く。『おじさんのかさ』でサンケイ児童出版文化賞推薦、『わたしが妹だったとき』で新美南吉文学賞、『わたしのぼうし』で講談社出版文化賞絵本賞を受ける。 他に『100万回生きたねこ』『だってだってのおばあさん』『おれはねこだぜ』、エッセイ集『私の猫たち許してほしい』『アカシア・からたち・麦畑』『ふつうがえらい』等。 2003年、紫綬褒章 受章。 2008年、巌谷小波文芸賞 受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

「佐野洋子」と関連する人物(故人)