訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヴィクトル・チェルノムイルジン 氏

政治家、元首相、ガスプロム初代社長[ロシア]

2010年 11月3日 死去享年72歳

ヴィクトル・チェルノムイルジン - ウィキペディアより引用
ヴィクトル・ステパノヴィチ・チェルノムイルジン(ロシア語: Виктор Степанович Черномырдин、ラテン文字転写の例:Victor Stepanovich Chernomyrdin、1938年4月9日 - 2010年11月3日)は、ロシアの政治家。
ボリス・エリツィン時代のロシアの首相(在任1992年 - 1998年)。
ガスプロムの初代社長。
1938年4月9日、ソビエト連邦時代のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国のオレンブルク州に生まれる。
1966年、クイビシェフ工科大学を卒業。
1972年、全連邦通信制工業大学経済学部を卒業した。
1961年にソ連共産党に入党。
一貫して天然ガスなどのエネルギー関係を渡る。
1973年にはオレンブルク・ガス精製工場支配人となる。
1978年に共産党中央委員会重工業部に移り、1982年、ソ連石油ガス工業省次官に任命される。
1983年から全連邦工業合同「グラヴチュメンガスプロム」(ガスプロムの前身)支配人を兼務する。
1985年、首相のニコライ・ルイシコフのもと、ソ連ガス工業大臣に就任する。

↑ PAGE TOP