訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

長岡輝子 氏(ながおかてるこ)

女優演出家[日本]

2010年 10月18日 死去享年103歳

長岡輝子 - ウィキペディアより引用
長岡 輝子(ながおか てるこ、1908年〈明治41年〉1月5日 - 2010年〈平成22年〉10月18日)は、日本の女優・演出家。
本名、篠原 輝子(しのはら てるこ)。
岩手県盛岡市出身。
父は英文学者の長岡擴(ながおか・ひろむ)、兄は長岡光一。
東洋英和女学院卒業。
文化学院中退後、1928年(昭和3年)に渡仏留学し、パリで2年間演劇修行、1930年(昭和5年)に帰国。
後に最初の夫となった金杉惇郎とテアトル・コメディを設立。
翌年、金杉と結婚、一子をもうけた。
NHKのプロデューサーの沼野芳脩(1934-97)である。
1937年(昭和12年)に金杉が亡くなる。
軍国主義の嵐が吹き荒れていたこともあり、テアトル・コメディは解散した。
劇団は28回の公演、52の戯曲を上演した。
1939年(昭和14年)文学座入り。
自作「マントンにて」の文学座公演を演出した。
1944年(昭和19年)、実業家の篠原玄と再婚。
1947年(昭和22年)、文学座に籍を置きつつ芥川比呂志、加藤道夫、荒木道子などと共に劇團「麦の會」発会。