訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鈴木英夫 氏

歌人[日本]

2010年 10月18日 死去心筋梗塞享年98歳

鈴木 英夫(すずき ひでお、1916年5月10日 - 2002年5月2日)は、日本の映画監督。
愛知県蒲郡市出身。
スリラーとサスペンスの名手とされ、最晩年に再評価された。
1916年(大正5年)5月10日、現在の愛知県蒲郡市に生まれる。
家業の船舶運送業を継ぐべく進学するが、映画好きが昂じて、日本大学藝術学部に入学。
23歳になる1939年(昭和14年)、卒業と同時に豊田四郎の遠縁を頼って新興キネマ東京撮影所の助監督部に入社し、東宝を経て、大映東京撮影所に移籍。
1941年(昭和16年)、助監督の身分で舟橋聖一の原作を脚色した『母代』が、師匠である田中重雄監督の手によって映画化され、評判になる。
1947年(昭和22年)、大映の監督部に昇進し、自作のシナリオを映画化した『二人で見る星』で監督デビュー。
つづく『蜘蛛の街』では、初のサスペンス映画を手掛け、一躍大映東京撮影所のホープに躍り出る。
同作品は、下山事件にヒントを得て、低予算を逆手にとって、ノースター、街頭ロケや隠し撮りを多用したリアリズム・タッチの演出が斬新であった。
  • 題名
    祝辞
    歌手
    発売元
    バンダイ・ミュージックエンタテインメント
    発売日
    1998年6月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 550 より