芸能人・経営者のおくやみ情報

黄長燁 氏

元朝鮮労働党書記[北朝鮮→韓国]

(韓国に亡命)

2010年 10月10日 死去心臓麻痺享年87歳

黄長燁 - ウィキペディアより引用

『黄長ヨプ』より : 黄長燁(ファン・ジャンヨプ、1923年2月7日 - 2010年10月9日)は、朝鮮民主主義人民共和国の思想家でチュチェ思想(主体思想)の理論家、政治家。
元朝鮮労働党書記。
脱北者であり、死去するまで韓国に在住していた。
咸鏡道出身とも平壌出身とも言われる。
地主の家庭に生まれ、平壌と東京で学んだ。
戦前に、日本の中央大学法学部で学んでいた事もあり教養のある日本語を話すことができ、北朝鮮在住時から度々日本のメディアのインタビューに日本語で応じていた。
大学は2年次で中退し、平壌に帰ってからは母校である平壌商業学校の数学と珠算の教師をしていた。
1949年、ソ連(現在のロシア)のモスクワ大学へ留学し哲学博士号を取得する。
帰国後は金日成総合大学で教鞭を執り、1965年同大学総長に就任。
1970年には朝鮮労働党中央委員会委員に就任し、その後要職を歴任する。
この時期には金日成の側近であり、金日成のゴーストライターとも言われた。
学者としても活発に活動し、諸外国に研究サークルを設立してチュチェ思想の普及に努めた。

「黄長燁」と関連する人物(故人)