芸能人・経営者のおくやみ情報

大麒麟將能 氏

相撲力士・元大関[日本]

2010年 8月4日 死去膵臓がん享年69歳

大麒麟 將能(だいきりん たかよし、本名:堤 隆能(つつみ たかよし)、1942年6月20日 - 2010年8月4日) は、二所ノ関部屋に所属していた元大相撲力士。
佐賀県佐賀郡東川副村(のち諸富町、現・佐賀市)出身。
最高位は東大関。
現役時代の体格は181cm、140kg。
得意手は右四つ、寄り、吊り、うっちゃり。
中学生の頃は柔道の選手として活躍。
また生徒会長を務めるなど人望もあり、体力のみならず学力にも秀で、将来は防衛大学校を目指していたといわれるが、その素質に目をつけた二所ノ関親方(元大関・佐賀ノ花)に勧誘され1958年(昭和33年)5月場所本名のまま初土俵。
後に「麒麟児」と改名(新十両の1962年(昭和37年)7月場所のみ「麒麟兒」、翌9月場所「麒麟児」に改名)。
1963年(昭和38年)9月場所新入幕。
しかしその場所9日目の朝稽古で左脚を負傷(左脛骨上端骨折・左膝十字靱帯断裂)し休場、一時は幕下まで陥落。
1965年(昭和40年)7月場所再入幕。
兄弟子の横綱・大鵬があれほど苦戦させられた横綱・柏戸に強く、初顔の1966年(昭和41年)5月場所(地位は前頭5枚目)5日目、柏戸を土俵際で見事にうっちゃりで勝ち注目を浴びた。