芸能人・経営者のおくやみ情報

金子兜太 氏(かねことうた)

俳人[日本]

2018年 2月20日 死去急性呼吸促迫症候群享年100歳

金子兜太 - ウィキペディアより引用
金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - )は、埼玉県出身の俳人。
加藤楸邨に師事、「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。
戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論・実作両面で中心的な役割を果たし、その後も後身を育てつつ第一線で活動している。
上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。
現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。
小林一茶、種田山頭火の研究家としても知られる。
1919年9月23日、埼玉県比企郡小川町の母の実家にて、父・元春、母・はるの長男として生まれる。
2歳から4歳までその父の勤務地であった上海で、帰国して以降は秩父の地で育つ。
父・元春は開業医で、「伊昔紅(いせきこう)」という俳号を持つ俳人。
水原秋桜子の「馬酔木」に所属し、1930年に自身の俳誌「若鮎」を創刊している。
また秩父音頭の復興者としても知られている人物である。
旧制熊谷中学、旧制水戸高等学校文科乙類を経て、1943年に東京帝国大学経済学部を卒業。
高校在学中の1937年、一級上の出澤三太に誘われて同校教授宅の句会に参加し、はじめて句作。