芸能人・経営者のおくやみ情報

若井はやと 氏

漫才師[日本]

2008年 12月8日 死去心不全享年64歳

若井ぼん・はやと(わかいぼん・はやと)は、昭和期に活躍した漫才コンビ(若井はんじ・けんじ門下)。
元松竹芸能所属。
若手の頃、横山やすし・西川きよしのライバル的存在であった。
共に大阪市南区の出身で、高校の同級生だった。
ぼんの実家は貧乏で子供のころから目立ちたがり屋。
中学2年のときに朝日放送・中田ダイマル・ラケット司会の「お笑い街頭録音」に出演したりしていた。
のちに中学の同級生とABCラジオの「漫才教室」に出演、その後も生活費のために素人参加型の演芸番組に出演。
また、はやとも実家は貧乏であった(ぼんによると戦争もとっくに終わっていたのに防空壕のようなところに家族で住んでいた、また家財道具も一切なく空の缶詰が鍋茶碗がわりだったという)。
ぼんが高校ではやとと出会い意気投合し、はやとは高校2年のときに学費が払えなくなり、2人で高校中退し、漫才作家の足立克己の紹介で松竹芸能入りし、1962年に若井はんじ・けんじに門下になり新世界の新花月にてデビュー。

1944年〜2008年12月8日 日本の漫才師。漫談家。本名は中川秀明。大阪府大阪市出身。 高校の同級生だった若井ぼんと若井ぼん・はやとを結成して1962年にデビュー。1985年にコンビは解散し、その後は漫談家として活動した。 (引用元 Hatena Keyword)

「若井はやと」と関連する人物(故人)