芸能人・経営者のおくやみ情報

古在由秀 氏(こざいよしひで)

文学者[日本]

(初代国立天文台長)

2018年 2月5日 死去肝不全享年91歳

古在由秀 - ウィキペディアより引用

古在 由秀(こざい よしひで、1928年4月1日 - )は、日本の天文学者。
専門は、天体力学。
最後の東京天文台長・初代国立天文台長である。
2016年現在、群馬県立ぐんま天文台名誉台長、東京大学・総合研究大学院大学・国立天文台の各名誉教授でもある。
古在由正・澄江夫妻の長男として東京府北豊島郡巣鴨町駒込(現・東京都豊島区駒込)に生まれた。
1940年、東京府立第十四中学校(後の東京都立石神井中学校、現・東京都立石神井高等学校)に入学。
1945年、旧制第一高等学校理科に入学。
1948年、東京大学理学部天文学科に入学。
東大理学部時代は萩原雄祐の下で天体力学を学んだ。
また旧制一高・東大理学部を通じての級友にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊がいる。
1951年、東京大学理学部天文学科を卒業。
東大大学院に進み、大学院で学びながら東京天文台に勤務する。
1952年、東京大学附属東京天文台助手に就任。
1958年、学位論文「土星の衛星系にかんする研究」で理学博士号を取得。
渡米してスミソニアン天体物理観測所及びハーバード大学天文台の客員研究員となった。

こざい-よしひで 1928-昭和後期-平成時代の天文学者。昭和3年4月1日生まれ。古在由重の甥(おい)。昭和33年渡米し,人工衛星の軌道を算出する「コザイの式」を完成。地球の形がいびつであることを立証した。41年東大教授となり,56年東大東京天文台長。63年国立天文台初代台長。のち群馬県立ぐんま天文台長。54年学士院恩賜賞。55年学士院会員。平成21年文化功労者。東京出身。東大卒。著作に「地球をはかる」など。 (引用元 コトバンク)