芸能人・経営者のおくやみ情報

梅棹忠夫 氏

国立民族学博物館初代館長[日本]

2010年 7月3日 死去老衰享年90歳

梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。
国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授。
理学博士(京都大学、1961年)。
従三位勲一等瑞宝章。
日本中東学会初代会長。
日本における文化人類学のパイオニアであり、梅棹文明学とも称されるユニークな文明論を展開し、多方面に多くの影響を与えている人物。
京大では今西錦司門下の一人。
生態学が出発点であったが、動物社会学を経て民族学(文化人類学)、比較文明論に研究の中心を移す。
代表作『文明の生態史観』の他、数理生態学の先駆者(オタマジャクシの群れ形成の数理)でもあり、湯川秀樹門下の寺本英が展開した。
さらに、宗教のウィルス説をとなえ、思想・概念の伝播、精神形成を論じた。
その後も、宗教ウイルス説を展開し、後継研究もあり一定の影響を及ぼす。
宗教ウイルス説は、文明要素(技術・思想・制度)が選択により遷移していくと言う遷移理論を柱にする文明の生態史観の一例であり、基礎のひとつである。

1920年京都生まれ。無給講師の今西錦司(登山家、探検家としてむしろ著名だった)に弟子入りする。 陸生物から、有蹄類の動物の生態学・動物社会学に専攻をうつし、内モンゴルでフィールドワーク。敗戦後は、それをオタマジャクシの群棲として数理的に把握しなおす。ここにおいて、今西が猿の群棲に関心を移行させるのと分離する。 のち梅棹は民族学に関心を移動させる。国立民族学博物館(渋沢敬三の博物館構想を継承する)の創立に尽力し、初代館長。1986年失明。 2010年7月3日、老衰により死去。90歳。 (引用元 Hatena Keyword)