芸能人・経営者のおくやみ情報

松平重勝(まつだいらしげかつ)

遠江横須賀藩初代藩主[日本]

1621年 1月6日 死去享年73歳

松平 重勝(まつだいら しげかつ、天文 (元号) 天文18年(1549年)- 元和 (日本) 元和6年12月14日 (旧暦) 12月14日(1621年1月6日)))は、江戸時代前期の大名。
越後国三条藩主、下総国関宿藩主、遠江国横須賀藩初代藩主。
杵築藩能見松平家初代。

松平重吉の四男(異説有り)。
母は岩津松平親長の娘(異説有り)。
正室は鳥居忠吉の娘。
子は松平重忠(長男)、松平重長(次男)、松平重則(三男)、松平重信(四男)、松平勝隆(五男)、娘(岩瀬氏与室)など。
大隅国 大隅守。

徳川家康に仕えて初期の大番頭を勤める、1605年(慶長10年)に伏見城の守護、1612年(慶長17年)、徳川家康の六男松平忠輝の付家老となり、越後三条2万石を与えられる。
長男・重忠は将軍家で大番頭を務めていたため、次男・重長を手元に置いた。

まつだいら-しげかつ 1549-1621*織豊-江戸時代前期の大名。天文(てんぶん)18年生まれ。松平重吉(しげよし)の4男。三河(愛知県)の能見(のみ)松平氏。松平忠輝(ただてる)の家老となり,越後(えちご)三条で2万石を領した。忠輝改易(かいえき)後,下総(しもうさ)関宿に2万6000石をあたえられる。元和(げんな)5年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主となり,駿府(すんぷ)城代をかねた。元和(げんな)6年12月14日死去。72歳。通称は伝三郎,次郎右衛門。 (引用元 コトバンク)

「松平重勝」と関連する人物(故人)