訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

永山則夫 氏

死刑囚[日本]

(1968年少年連続射殺事件犯人)

1997年 8月1日 死去死刑執行享年48歳

永山 則夫(ながやま のりお、1949年6月27日 - 1997年8月1日)は、1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件(警察庁広域重要指定108号事件)を引き起こした刑死者(元死刑囚)である。
北海道網走市生まれ。
明治大学付属中野高等学校定時制中退。
1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの間、獄中で創作活動を続けた小説家でもあった。
1983年、小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞。
生い立ち 北海道網走市呼人(よびと)番外地に、8人兄弟の7番目の子(四男)として生まれる。
3歳のとき、一家で郊外の呼人から市内中心部に引っ越す。
父親は腕のよいリンゴの枝の剪定師だったが、稼ぎの大半を博打につぎ込み、家庭は崩壊状態。
現在で言うところのネグレクトの犠牲者であった。
母親代わりの長女は婚約破棄や堕胎から心を病み地元の精神科病院に4年間入院。
1954年(当時5歳)に、母親が青森県板柳町の実家に逃げ帰ってしまう。
兄弟全ての汽車賃が出せないため、則夫を含む4人を網走に残したままの家出だった(後に書いたノートで母は悔いている)。