芸能人・経営者のおくやみ情報

大野一雄 氏

舞踏家[日本]

2010年 6月1日 死去呼吸不全享年103歳

大野一雄 - ウィキペディアより引用

大野 一雄(おおの かずお、1906年(明治39年)10月27日 - 2010年(平成22年)6月1日)は日本の舞踏家。
大野一雄舞踏研究所主宰者。
北海道函館市に生まれる。
1919年(大正8年)4月、旧制函館中学に入学。
亀井勝一郎 や今日出海と同級生だった。
翌年、大館中学校(後の秋田県立大館鳳鳴高等学校)に編入学。
1925年、卒業、函館近村の泉沢尋常高等小学校で代用教員を1年間務める。
1926年、日本体育会体操学校(現日本体育大学)に学ぶ。
同年12月、徴兵令により札幌歩兵第25連隊に入隊、1年4ヶ月の兵役につく。
1929年、スペイン舞踊家ラ・アルヘンチーナ(アントニア・メルセ)の来日公演を見て感銘を受け、舞踏家の道に進む。
体育教師として神奈川県横浜市の捜真女学校に体育教師として勤務する傍ら、石井漠に師事してモダンダンスを修行。
1936年 ドイツでマリー・ウィグマンにノイエタンツを学び、帰国後、日本のモダンダンス界の中心的存在だった江口隆哉と宮操子による、江口・宮舞踊研究所に入所するも、 1938年太平洋戦争で召集を受け、ニューギニアに出征。

おおのかずお [生]1906.10.27.北海道,函館[没]2010.6.1.神奈川,横浜舞踏家。前衛舞踊「舞踏」の名を世界に知らしめた一人。網元の長男として生まれた。1925年旧制大館中学校,1929年日本体育会体操学校を卒業。横浜市内の私立学校に体育教師として勤めながら1年間石井漠舞踊研究所(→石井漠)でダンスを学んだ。1936年に江口隆哉,宮操子の舞踊研究所に入ったが召集されて舞踊活動を中断,第2次世界大戦後に復帰する。その間の1930年に受洗。1949年に初のリサイタルを行なった。1954年頃土方巽と出会い,「舞踏」のスタイルを生み出した。1977年初演の代表作,スペイン舞踊の革新者ラ・アルヘンティーナに捧げられた『ラ・アルヘンチーナ頌』は土方巽の演出で,白塗りの女装姿で踊る。この作品は海外の芸術家に衝撃を与え,高い評価を得てヨーロッパやアメリカ合衆国など世界各国に活躍の場を広げた。土方巽などの暗黒舞踏派や笠井叡らに強い影響を与えた。代表作に『わたしのお母さん』『死海ウインナーワルツと幽霊』『睡蓮』など。1999年ミケランジェロ・アントニオーニ芸術賞,2002年朝日舞台芸術賞特別賞を受賞。 (引用元 コトバンク)