芸能人・経営者のおくやみ情報

小林公平 氏

元阪急電鉄社長[日本]

2010年 5月1日 死去肺炎享年82歳

小林公平 - ウィキペディアより引用

小林 公平(こばやし こうへい、1928年2月24日 - 2010年5月1日)は、日本の実業家、作詞家。
宝塚音楽学校名誉校長、阪急電鉄名誉顧問・元社長・会長。
作詞家としてのペンネームは公文 健。
来歴・人物 山梨県出身。
1945年10月海軍兵学校(75期)卒業。
1950年に慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)を経て阪急電鉄へ入社。
社長、会長、相談役を務めた。
その他、阪急ブレーブスのオーナーや、関西テレビ放送会長などを務めた。
元々は三菱グループと親密な三村家の出である。
阪急阪神東宝グループ創立者である小林一三の三男・小林米三(元阪急電鉄社長)は、子供がいなかったため姪の喜美(一三の次男・松岡辰郎の長女)を養女としており、公平はその喜美と結婚し、小林家の婿養子となった。
阪急ブレーブスは、1988年10月19日に、オリックス(当時オリエント・リース)に譲渡を発表したが、その会見上、「球団創立50年を迎えて、球団を持つ使命を終えました。

こばやし-こうへい 1928-2010昭和後期-平成時代の経営者。昭和3年2月24日生まれ。小林米三の養子。三村庸平の弟。昭和26年三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)にはいる。34年阪急不動産に転じ,41年取締役。44年阪急電鉄取締役となり,62年社長,平成5年会長。プロ野球の阪急ブレーブスを手放すなど経営改革をすすめた。大阪商工会議所副会頭などをつとめ,公文健のペンネームで作詞もおこなった。平成22年5月1日死去。82歳。山梨県出身。慶大卒。旧姓は三村。 (引用元 コトバンク)