芸能人・経営者のおくやみ情報

小掛照二 氏(こがけてるじ)

陸上選手、指導者[日本]

(日本オリンピック委員会名誉委員)

2010年 5月9日 死去肝不全享年79歳

小掛照二 - ウィキペディアより引用

小掛 照二(こがけ てるじ、1932年12月18日 - 2010年5月9日)は、広島県甲奴郡上下町出身の元陸上選手。
陸上競技指導者。
元三段跳世界記録保持者。
日本陸上競技連盟(日本陸連)副会長、名誉副会長。
日本オリンピック委員会(JOC)元副会長。
日本オリンピアンズ協会元副会長。
中国山地山間の町、上下町の農家の長男として生まれる。
叔父、父も甲奴体協のリレーメンバーで、恵まれた体を生かし幼少期から跳躍の素養を発揮した。
同郷の先輩・織田幹雄(アムステルダムオリンピック(1928年))、から南部忠平(ロサンゼルスオリンピック(1932年))、田島直人(ベルリンオリンピック(1936年))まで三大会連続で金メダルを獲り、当時は日本のお家芸だった三段跳を教師の勧めで始める。
当時の日本では子供が"ホップ・ステップ・ジャンプ"、と遊びで使うほど、三段跳は人気種目だった。
新制高校1期生となった1948年、広島県立上下高校からジャンパーの歩みが始まる。
三段跳や走高跳、走幅跳などで多くのタイトルを獲得、全国高校陸上選手権の第二回、三回大会では一人で上下高校を総合2位に導いた。

こがけ-てるじ 1932-2010昭和後期-平成時代の陸上競技選手,指導者。昭和7年12月18日生まれ。昭和25年インターハイ三段跳びで優勝。早大卒業後,大昭和製紙にはいり,31年16m48cmの世界新記録を樹立。同年のメルボルン五輪は足の故障で8位。ロス五輪陸上監督などをつとめた。平成11年日本オリンピック委員会(JOC)副会長。17年日本陸連名誉副会長。平成22年5月9日死去。77歳。広島県出身。 (引用元 コトバンク)