訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マイケル・ブレッカー 氏Michael Leonard Brecker

シンセサイザー奏者[アメリカ]

2007年 1月13日 死去白血病享年59歳

マイケル・ブレッカー - ウィキペディアより引用
マイケル・レナード・ブレッカー(Michael Leonard Brecker、1949年3月29日 - 2007年1月13日)は、アメリカのジャズ・テナーサックス・ウィンドシンセサイザー演奏者、音楽家。
プロフィール アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。
圧倒的なテクニックと多彩な表現力を兼ね備える、人気・実力ともに近年No.1のテナーサックスプレイヤーであった。
ジョン・コルトレーン以降、最もテナーサックスの演奏スタイルに影響を与えた。
また、ウィンドシンセサイザー演奏の第一人者でもある。
マイケル曰く『セミプロ級のジャズ・ピアニスト』という弁護士の父親を持つ音楽一家に生まれ、毎晩夕食後には家族でバンドを組んで演奏していたという。
当初はクラリネット、ドラムを担当、アルトそしてテナーサックスへと転向し、トランペット奏者である兄ランディ・ブレッカーとともに地元のバンドで腕を磨いていった。
一旦はプロを諦めインディアナ大学に入学するが、既に音楽の虜になっていたマイケルは、最終的にプロになる決断をする。

「マイケル・ブレッカー」と関連する人物(故人)