芸能人・経営者のおくやみ情報

直木三十五(なおきさんじゅうご)

作家[日本]

1934年 2月24日 死去結核性脳膜炎享年44歳

直木三十五 - ウィキペディアより引用

直木 三十五(なおき さんじゅうご、1891年(明治24年)2月12日 - 1934年(昭和9年)2月24日)は、日本の小説家である。
また脚本家、映画監督でもあった。
現在、エンターテインメント系の作品に与えられる直木三十五賞(通称「直木賞」)は、彼に由来する。
1891年(明治24年)2月12日、現在の大阪市中央区安堂寺町2丁目に生まれる。
本名は植村宗一、東洋史学者の植村清二は実弟。
父の反対を押して早稲田大学英文科予科を経て、早稲田大学高等師範部英語科へ進学したが、月謝未納で中退。
しかし早稲田大学へは登校し続けており、卒業記念写真の撮影にも参加している。
1920年(大正9年)、里見弴、久米正雄、吉井勇、田中純らによって創刊された『人間』の編集を担当。
その際には「植村宋一」の名を使った。
1923年(大正12年)の関東大震災以後は大阪のプラトン社に勤務し、川口松太郎とともに娯楽雑誌『苦楽』の編集に当たった。
以後、次第に時代小説を書くようになる。
1925年(大正14年)、マキノ・プロダクション主催のマキノ省三家に居候する。

なおきさんじゅうご [生]1891.2.12.大阪[没]1934.2.24.東京小説家。本名,植村宗一。早稲田大学英文科中退。1923年『文藝春秋』の創刊に参加して文壇ゴシップ欄を担当。毒舌で話題を呼び,『由比根元大殺記』(1929),『南国太平記』(30~31)の成功で流行作家となった。筆名は本名の一字「植」を2分して直木,年齢に応じて三十一,三十二,三十三と変更,以後三十五を名のる。32年には「ファシズム宣言」をし,国策的傾向の強い『日本の戦慄』で文壇に波紋を投じた。没後,菊池寛の発意により大衆文学を対象とする文学賞「直木賞」が設定された。 (引用元 コトバンク)