訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャック・ブリスコ 氏

プロレスラー[アメリカ]

2010年 2月1日 死去享年69歳

ジャック・ブリスコ - ウィキペディアより引用
ジャック・ブリスコ(Jack Brisco、本名:Freddie Joe Brisco、1941年9月21日 - 2010年2月1日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。
オクラホマ州セミノール出身。
第48代NWA世界ヘビー級王者、NWAおよびWWE殿堂者。
実弟ジェリー・ブリスコも元プロレスラー。
オクラホマ州立大学ではレスリングの強豪として鳴らし、NCAA全米学生選手権では1964年に2位、1965年に優勝を果たしている。
通算戦績89戦87勝2敗という実績をひっさげ、地元オクラホマ地区(NWAトライステート)のプロモーターだったレロイ・マクガークにスカウトされ、1965年5月、オクラホマシティにてロニー・ガービンを相手にプロデビュー。
以後、アスリート系のベビーフェイスとして、テキサス、フロリダ、さらにはオーストラリアまで各地を転戦。
オクラホマ地区では1966年、少年時代のアイドルだったという同郷のダニー・ホッジとの連戦も行われた。
1967年11月、日本プロレスに初来日。
デビュー2年目でありながら、この初来日当時から次期NWA世界チャンピオンの有力候補とされていた。