訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

川村たかし 氏

児童文学作家、日本児童文芸家協会長[日本]

2010年 1月30日 死去敗血症享年78歳

川村 たかし(かわむら たかし、 1931年11月8日 - 2010年1月30日)は、日本の児童文学作家。
本名は川村 隆。
来歴・人物 奈良県五條市出身。
奈良県立五條高等学校、奈良学芸大学(現・奈良教育大学)卒業後、花岡大学に師事。
「近畿文化」に寄稿したのを機に創作活動に専念。
1978年『山へいく牛』で国際アンデルセン賞優良作品賞、野間児童文芸賞を受賞し、1980年『山へ行く牛』『北へ行く旅人たち-新十津川物語』で路傍の石文学賞を受賞、その後NHKによりテレビドラマ化(主演・斎藤由貴)された。
1981年短編集『昼と夜のあいだ―夜間高校生』で日本児童文学者協会賞、1989年『新十津川物語』(全10巻)で日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞大賞、1995年『天の太鼓』で日本児童文芸家協会賞受賞。
創作長編・短編・ノンフィクション・評論など著書多数。
五條市の小・中学校・高校教諭、奈良教育大学、梅花女子大学教授を長く務めた。
1998年に第3代日本児童文芸家協会会長に就任。
1981年には那須正幹ら児童文学者らとともに児童文学創作集団「亜空間」を結成し、同タイトルである「亜空間」を季刊誌として創刊した。

「川村たかし」と関連する人物(故人)