訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

円仁

侶、第3代天台座主[日本]

(貞観6年1月14日寂)

(ユリウス暦) 0864年 2月24日 死去享年71歳

円仁 - ウィキペディアより引用
円仁(えんにん、延暦13年(794年) - 貞観6年1月14日(864年2月24日))は、第3代天台座主。
慈覚大師(じかくだいし)ともいう。
入唐八家(最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡)の一人。
下野国の生まれで出自は壬生氏。
円仁の人物像 794年(延暦13年)下野国都賀郡壬生町(現在の壬生寺)に豪族壬生氏(壬生君:毛野氏の一族)の壬生首麻呂の子として生まれる。
兄の秋主からは儒学を勧められるが早くから仏教に心を寄せ、9歳で大慈寺に入って修行を始める。
大慈寺の師・広智は鑑真の直弟子道忠の弟子であるが、道忠は早くから最澄の理解者であって、多くの弟子を最澄に師事させている。
※生誕地については栃木市岩舟町下津原に生まれたという説もあり、順徳天皇撰による「八雲御抄」では岩舟町での誕生が記されている。
なお、下津原の手洗窪は「慈覚大師誕生の地」として栃木市の史跡に指定されている。
15歳のとき、唐より最澄が帰国して比叡山延暦寺を開いたと聞くとすぐに比叡山に向かい、最澄に師事する。